ピボットテーブルは、メモリに取り込まれたデータキャッシュのツールです。

メリットもありますが、使いにくいところもあります。
私は、長年ピボットテーブルを使い続け、この特性を解明しました。
それが、実践スキルとノウハウを共通化した「使いこなし方」です。

データキャッシュの特性を理解すれば、ピボットテーブルは使いこなせます!
それを初めて本にしたのが、「実践ピボット革命」です。Amazonからご注文できます!

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4802078455

エクセルは「楽に、楽しく、みんなに役立つ」理想のツールです。


楽に・・最新データを準備し「更新」で、面倒な作業を解消します。
    新機能パワークエリで、システム化が容易になりました。

楽しく・・「ピボット」とは、軸を変える。回転というスポーツ用語。
    マウス操作でデータ分析「考えて情報を得る」ツールです。

みんなに役立つ・・実践は、この本で紹介する共通スキル=ノウハウで十分です。

ピボットテーブルを使い 作業性を10倍、 情報効果を10倍にすれば、
エクセルの活用度は100倍になります! 

25年間培ってきたピボットおじさんの秘訣を、皆さんに紹介します。

ピボットテーブルを「使いこなす」ポイントとは

1.解説書1冊に「実践ピボット革命」を副読本に加えましょう!

【あなたの知識が応用力に変わります!】
     ・・エクセルの機能という知識では実践できません。
      見えない「データキャッシュ」の特性を知らないので、
      ピボットテーブルが使いこなせないのです。
      お困りの皆さんに役立つ秘訣を本にしました! 

2.実務に使えるテンプレートで、使いこなし方に慣れよう!

【マウスを使いながら身につけましょう!】
    ・・1つのデータから様々なピボットテーブルを利用する「テンプレート」で実習です!
      データを配置、集計「見える化」をマウス操作で「ピボット分析」するのです。
      自分のデータを貼付けて、調整すれば実務にも使えます。

3.ピボットテーブルは「データを見える化」「システム化」するツール

【どこでも、だれでもで共通の使い方で、業務の負担軽減に!】
     ・・ピボットテーブルは、だれでもレポートの加工ができ、プログラミングは不要です。
      Excelは、1表ごとに作るものですが、
      元のデータを最新にすれば、ピボットテーブルの「更新」クリックで、
      何十表ものピボットテーブルが、入れ替わります。
      月次の作業は1回で完了です。       

4.「パワークエリ」と連携すれば「実践ピボット・システム」に!

  パワークエリは、BIツール用の機能でした。
 エクセル2016から「データの取得と変換」として使えるようになりました。

 Vlookup関数や、マクロを使わなくても、驚くほどの効果があります。
 でも、「実践ノウハウ」の紹介は、ほとんどありません。

ピボットテーブルを使いこなせないと、パワークエリも実践では使いこなせない

 私は、3年かかって、パワークエリを実践で使いこなせるノウハウが蓄積してきました。

エクセルだけのシステム化も可能ですし、
システムやデータベースなどとの連携でレポートをシステム化できます。
働き方改革や、SAP2025年問題の対応につながります。
皆さんに、ご紹介していきますので、お楽しみに。