①実務管理用データ整備し、②ピボットテーブルで抽出・集計、③比較・要因分析により、実務管理の情報を得るシステム化を「実務活用」と名付けました。